セミナー

特許検索マニュアル
〜Google Patent を用いた先行技術調査(出願前)〜

内容

  • 特許調査とは? 先行技術調査とは?
  • 調査ツール
  • 基本の操作方法
  • キーワードの選定
  • 件数が多い場合~絞り込みの手順
  • キーワード
  • 出願人/発明者
  • 出願日/優先日
  • 特許分類
  • 結果の確認と先行資料の選択
講習時間 2時間
講師料 88,000円(税込)

先行例調査(出願前調査)と特許分類

内容

1)先行例調査(検索)の流れ

  • アイデアシートの読みとり と 技術ポイントの把握
  • 先行例調査の流れ
  • キーワードの拾いかた
  • 特許分類の拾いかた (FI記号)

2)先行例(公報)の抽出
3)特許審査と分類(FI記号・Fターム)の関係
4)よい検索式を作る/検索式のチェックポイント

講習時間 2時間
講師料 88,000円(税込)

特許情報検索法 侵害予防調査

内容

  • 侵害予防調査とは
  • 「侵害」判断の基礎
  • ヒアリングとリスクの確認
  • 調査計画の作成
  • 事例編
講習時間 4時間
講師料 176,000円(税込)

講師

酒井 美里
スマートワークス株式会社 代表取締役
サーチャー AIPE認定 知的財産アナリスト

1991年奈良女子大学卒業後、セイコーエプソン株式会社、エプソンインテリジェンス株式会社を経て、2005年スマートワークス株式会社設立。

2007年特許検索競技大会優勝、2008年特許検索競技大会実行委員会、電気・機械WGリーダーを担当。代行特許検索と検索講習会をはじめとするサーチャー教育に従事。

2018年3月には平成29年度 特許情報普及活動功労者表彰 特許庁長官賞受賞。

代行特許検索では日本特許、外国特許調査(米国・欧州・韓国・中国等において年間約150件を超える豊富な経験を有しており、サーチャー教育では企業知財部・研究者を対象に年間数十回の講習会・講演を実施。

さらには、書籍・論文等の執筆など、多岐にわたって活躍。

03-6868-4924
0266-79-6709
お問い合わせフォームはこちら
PAGE TOP