7/12臨時開催!「AIツールの現状と活用方法」

【7/12臨時開催! AIツールの現状と活用方法 】

講習会のお知らせです

日本パテントデータサービス株式会社(JPDS)が主催する

臨時セミナーにて、弊社代表 酒井がパネラーとして登壇します。

詳細リーフレットはこちら

T001 AIツールの現状と活用方法
~特許調査のプロによるパネルディスカッション~

知財活動において様々なAIが活用されてきています。知財ポートフォリオの策定、特許調査、スクリーニング支援、明細書作成、特許性調査、契約書文言チェックなどの場面に適したAIツールがリリースされました。本講座では、知財活動で使える、AIツールを紹介し、さらに生成AIを使ってそれらのツールをより効果的に活用する方法を二部構成で紹介します。

プログラム

パネラー
• 西尾 潤(アジア特許情報研究会、㈱ユポ・コーポレーション開発研究所)
• 安藤 俊幸(アジア特許情報研究会、花王㈱知的財産部)
• 酒井 美里(スマートワークス㈱代表取締役、元セイコーエプソン㈱知的財産本部)

14:00-14:10
• ご挨拶、パネラーご紹介

14:10-15:30 第一部講演「AIツールの現状と活用方法」※ツールデモあり
• 知材活動向けAIツールの紹介
• AIの中はどうなっているか?
• 生成AIでできること、できないこと
• 生成AIを使ってAIツールを強化する方法
• 自社専用のAIツールを作るには
• 社内分類用多値分類を作るには

15:30-15:40 休憩

15:40-17:00 第二部 パネルディスカッション&質問タイム(東京会場のみ)
• 特許調査の目的地を決めることが大事
• 特許文書の読み方に強弱をつける(ランキング上位の文書はじっくり読む)
• 無効資料調査用ピンポイント調査のコツ
• 侵害予防調査、無効資料調査をどこまでAIに任せられるか?

17:00-17:10 休憩

17:10-18:00 懇親会(東京会場のみ)

対象

特許調査担当の初級者以上

日時

2024年7月12日(金)14:00~17:00(13:00受付開始)
※東京会場は、17:10~18:00に懇親会あり(事前にお申し出ください)

場所

東京会場 35 名 // オンライン:70 名(先着順申し込み)

科目受講料

東京会場:6,000円(税込6,600円) オンライン:3,000円(税込3,300円)

お申込み方法

ネットでお申し込みの方は、日本パテントデータサービス(株)HPページよりお申込みください。
「臨時セミナー(2024年7月12日)お申込みページ」

お問い合わせ先

〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産 日比谷ビル
日本パテントデータサービス株式会社 知財研修部

Tel. 03-3580-8021
Fax. 03-5512-7810
Mail. chizai-semi@jpds.co.jp

※お問い合わせは直接主催者様へご連絡ください。

講師

酒井 美里
スマートワークス株式会社 代表取締役
サーチャー AIPE認定 知的財産アナリスト

1991年奈良女子大学卒業後、セイコーエプソン株式会社、エプソンインテリジェンス株式会社を経て、2005年スマートワークス株式会社設立。

2007年特許検索競技大会優勝、2008年特許検索競技大会実行委員会、電気・機械WGリーダーを担当。代行特許検索と検索講習会をはじめとするサーチャー教育に従事。

2018年3月には平成29年度 特許情報普及活動功労者表彰 特許庁長官賞受賞。

代行特許検索では日本特許、外国特許調査(米国・欧州・韓国・中国等において年間約150件を超える豊富な経験を有しており、サーチャー教育では企業知財部・研究者を対象に年間数十回の講習会・講演を実施。

さらには、書籍・論文等の執筆など、多岐にわたって活躍。

お問い合わせはこちらより受け付けております

フォームからのご相談24時間受付中

お問い合わせフォームはこちら
PAGE TOP